2007年05月04日

ペット保険の保障内容

ペット保険はほぼ人間と同じような保障をしてくれる
保険商品となっています。


まずは通院保障。
これはペットが怪我や病気で病院に通院した場合に
対しての保障ですね。


ちなみに、動物病院でペットを呼ぶ時ですが、ペットの
飼い主の苗字と名前で呼ばれることが多いようです。
山田さんが飼っているシロであれば、「山田シロさん」
というように看護婦さんに呼ばれるわけですね。
こんなところでもペットを家族の一員として感じることが
できますね。


次に手術保障です。これは怪我や病気が原因で手術を
しないといけなくなった場合に対する保障です。
ペットが屋内で生活をしている場合には注意が必要です。
というのも、ペットは床の上にいることが多く、思わず、
踏みつけてしまったということもあるからです。

また、一緒に寝るときには踏み潰さないように、気を
つけないといけませんね。もっとも、ペットの方が
場所を多くとっていたり、贅沢な寝方をしていることは
よくありますよね。ああいった写真を見るのも非常に
楽しいですね。


そして入院保障。
これは文字通り、ペットが入院しないといけなくなった
場合に対する保障ですね。


そしてガン保障。人間同様ペットもガンにかかります。
ペットは人間よりも早く歳をとります。5歳くらいで既に
人間でいうところの30歳から40歳にあたります。

従ってそのくらいの年齢になったら、成人病予防の
健康診断を受けてみるのも事前予防にはいいのでは
ないでしょうか。


人間と同様心電図やX線、血液検査などが受けられる
ようです。成人病対策としては運動も大事ですよね。
かわいいペットだからこそ、いつまでも健康でいて
欲しいですよね。
posted by petins at 19:09 | Comment(28) | TrackBack(5) | 保障内容

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。